2/2ページ

2/2ページ

【インタビューNo.01】アフリカの人々が自らの手で成長していくお手伝いをするためにーー青年海外協力隊・角正美さん

必然的に「アフリカに生きる!」と心に決めて生きてきたという角正美さん。 現在タンザニアで様々なプロジェクトに関わりながら、村に住む人々との出会い・葛藤・そして活動のやりがいなど、等身大の想いを語っていただきました。 (聞き手:下里夢美) 国際協力に興味をもったキッカケとは? 物心ついた頃から漠然と「途上国で困っている人のために働きたい」という想いを抱いていましたが、高校1年生の時に「アフリカの可能 […]

【国際協力ゼミvol.02】コミュニティ開発において住民のモチベーション向上に必要なこと

国際協力ゼミ第2回はケーススタディ。 青年海外協力隊によってコミュニティ開発が進められるタンザニアのある村が舞台です。 現在タンザニアで行われている住民グループの支援、編み物教室、バスケット生産などの活動の中で、いかにして住民たちのモチベーションを高めるかが今回のテーマ。押し付けにならず、住民が自発的に活動に取り組める方法や開発援助が目指すゴールについて草の根で活動するボランティアの視点から議論し […]

【国際協力ゼミvol.01】国際協力におけるNGOや草の根支援の役割を考える

国際協力サロンでは活動の一つとして、国際協力や開発について基礎から勉強をする「国際協力ゼミ」を開催しています。 文献輪読、データ収集、ケーススタディを取り入れながらのディスカッションを通して国際協力や開発への理解を深めることが目的です。 そして本メディアでは、この「国際協力ゼミ」で議論されたテーマを読者のみなさんとも一緒に考えられるようアーカイブ化して行きます。 この記事を通して読者のみなさんと一 […]

開発の世界をどこよりも“おもしろく”!アイデアを実現する「国際協力サロン」始動

みなさん、こんにちは!田才諒哉です。 2018年10月1日より、「国際協力サロン」を立ち上げました。 「国際協力サロン」とは、一言でいうと、国際協力・開発を軸に、とにかく「おもしろいこと」をやるオンライン・オフラインの交流コミュニティです。 そしてただ交流をして終わりではなく、実際にプロジェクトを運営しながら、社会がよりよくなる一助となることを目指しています。